本のある空間はやはり落ち着きますし、書店めぐりも好きです

本業界などは色々なニュースなどがあり、最近はリアル店舗での売上が中々難しいと言われています。

読書愛好家などではそんな雰囲気などは感じられませんし、本屋さんは色々と独自路線などで頑張っているのでしょうが、世間的には電子書籍などが便利でブームなんでしょうね。

読書に関してはやはり通勤時間などでも手軽に読める電子書籍は便利なのですが、休日の過ごし方となると話は違ってくると思います。自分は本のある空間が好きであり、そのために古書店なども巡りますし、大型の書店なども定期的に通っています。

最近は書店員のおすすめ本なども活発になってきますし、ポップなども個性的で見ていて楽しいんですね。

書店員のおすすめコメントなどは、やはり本がとても好きな人が書いているんだなという熱を感じますし、意外性のあるおすすめなど自分では見つけられない作品も多いので良さがありますね。

最近では本屋とカフェなどを併設しているお店もありますが、やはりゆっくりと読書ができる空間というのはリラックスができるのが良いですね。

もちろん有料のこういった空間も良いのですが、原点を振り返ってみるとやはり学生時代の図書館などが落ち着く性格だったこともあり、現在でも本がある空間が好きなのでしょう。

まだ自宅では書斎と呼べるようなスペースは作れるほどではないのですが、趣味の本などは手元に残せる紙の書籍を持っていると落ち着きます。本棚なども充実して来ているので。

これからも本のある空間を楽しむという趣味を続けたいと思っています。

本を買取店に買い取ってもらった時に思ったこと

私がいらなくなった本を買取店に買い取ってもらって思ったのは思った以上に買い取ってもらう際には慎重に店選びをしないといけないと思いました。

なぜなら、最初に何も考えずに適当に選んだ店で不要になった本を買い取ってもらおうと思った時に思った以上に安値で買い叩かれそうになったからでした。

それで私はあまりにも買取金額が安いと思ったのでもっと高く買い取ってくれる店があると思って他の店でも査定をしてもらい事にしました。

ただ、その時点ではなんとなく最初に査定してもらった店ではあまりに買取金額が低いと思ったのでもっと高値で買い取ってもらえると思ったというだけで完全に私の希望的観測でしかなかったのでそれで高値で買い取ってもらえるという事は分かってませんでした。

それでも適当に選んで査定してもらった店で納得できない金額で買い取ってもらうよりは良いと思ったので別の店でも査定してもらいました。

その甲斐もあって私が最初に査定をしてもらった買取店よりも高値で買い取ってもらえました。

最初は正直別の店で再び査定してもらってどれだけ買取金額が上がるかと思ったのですが、思った以上に上がったので面倒でも別の店でも査定を受けて良かったです。

それぐらい高値になったので同じ本を買取店で買い取ってもらう時でもすぐに1つの店で買い取ってもらう事を決めずに必ず複数の店に買取査定をしてもらうのが良いと思いました。

それぐらい買取店によって買取金額ぬ差が出ると思いました。京都で古本を売るならどこがいい?おすすめの古本買取店をご紹介!

本をきれいに保管するためには湿度管理も大切

昨今電子書籍も市民権を得はじめているものですが、やはり本は紙で読みたいという方も少なくないかと思います。紙やインクの独特なにおいは好奇心を高めてくれ、より本を楽しみたいという気持ちにさせてくれるものでしょう。

しかし本というのは意外と保管が大変なものでもあります。気がつくとかびてしまっていたり、日焼けをしてしまったりと元のきれいな状態ではなくなってしまうこともしばしばあり、頭を悩ませることも少なくありません。

本をきれいに保管するためにはなんといっても日焼けに気をつける必要があります。窓際など直射日光に当たる場所を避けるというのは勿論、蛍光灯にも紫外線が含まれているので注意する必要があります。経験上LEDライトは劣化が少ないという印象があるので、部屋の照明をLEDライトに変えるというのもおすすめです。

そしてもう一つ、湿度管理も本をきれいに保つためには大切です。日光に当てないようにと仕舞い込んでしまうと今度は湿度でカビが生えてしまったり本が変形してしまう恐れがあります。定期的に本を風に当てたり、箱の中に入れていたりしてそれが難しければ除湿剤などと一緒にいれておくと安心です。

そして埃も虫を増やす原因となってしまうので、適宜取り除く必要があります。本棚にカーテンなどを付けて埃を入りづらくするというのもおすすめで、個人的には突っ張り棒をしてそこに布を垂らしてカーテン代わりにしています。

本は一度日焼けをしたり変形してしまうと、素人にはもとに戻すことが難しいものです。はじめから汚さないよう、きれいな状態を保ちたいものですね。

読まなくなった本を買い取り店舗に売った体験

小さい頃から買った古い漫画の単行本など読まなくなった本が自宅の本棚にたくさん眠っていました。

本棚に入りきらなくなった本も沢山あり処分したいと考えたのですが、少しでもお金になればと思い買い取り店舗に持ち込み買い取り査定と買い取りをしてもらいました。

本棚から溢れていた本を段ボール箱にまとめて最寄りの買い取り店舗に持っていき査定をしてもらいました。

漫画の単行本が殆どでしたがどれも保管状態が良かった事も小額ながらも買い取り額が付いていきました。

あまりにも古いため査定額が付かなかった本に関してはそのまま処分してもらう事も出来ました。

50冊程度あった本を全て査定してもらい買い取り又は、処分してもらった事で部屋の中もスッキリと片付きました。

買い取り査定額は全てまとめても数千円でしたが、処分する事を考えるとお金にもなったため良かったです。

最寄りに買い取り店舗があったので本を持って行くのも楽でした。買い取り査定の時間も数十分で終わったため短時間で済みとても良かったです。

本棚に残っている本がまだ数冊あるため又、買い取り店舗で買い取り査定と買い取りをしてもらいたいと思いました。

私と同じように自宅に沢山の読まなくなった本があるという方は多いと思います。自宅に置いていると保管スペースも必要で整理が出来ません。

全く読まないと思った本に関しては、買い取り店舗などで買い取りしてもらう事で様々なメリットがあります。

段ボールで本を収納すると非常に効率的だと言えます

平積みにしてある本の処理方法というのは頭を悩ませる事柄の1つかと思うのですが、オススメなのは段ボールを購入して、その中に収納しておくやり方です。

ゴミ捨て場においてある段ボールを持ってくるという人もいるかも知れませんが、一応ゴミとして処分された物ですので、勝手に持って行かない方がいいとの事です。

なので、購入をするという形になりますが、段ボールそのものはそれ程高価な物ではないので、1つあたり数百円程度も出せば買うことができるでしょう。

ここで重要になってくるのが段ボールそのものの大きさです。本のサイズというのは一定ではありません。それなりの大きさの物もあれば、マンガ本程度の物もありますので、ある程度どの本でも入る段ボールを選択する必要があります。

収納するという事を考えると、箱の大きさが同じ方が見栄えが良いのですが、最大限の効率を求めるという事を考慮すると、それぞれの本のサイズに合わせた段ボール箱を揃えておいた方がいいかも知れません。

箱の中に入れることによって日焼けをする心配がなくなりますので、新品と殆んど変わらない様な状態で保ち続ける事が可能になります。このような本の収納方法の欠点をあえて示すとすれば、それは取り出し辛いという事でしょう。

必要になるという事はそれ程頻繁にはないでしょうけど、その時になると本を取り出すのに相当な時間を要してしまいます。あまり普段読まない本であれば、こういった収納法が適しているのではないでしょうか?

本の保管方法はどういう点に注意しないといけないのか

本を保管する時にどういう点を注意しないといけないかというとそれは本は単に日焼けしないように注意すれば良いという事はないというのがあります。

確かに本の保管方法で一番気を付けないといけないのは日焼けしない事ですが、それ以上に気を付けないといけないのは実は湿気があまりない暗所に保管しておくのが大事というのがあります。

その点をしっかり注意しないといくら太陽光が当たらない場所に保管していても劣化が進んでいくので注意が必要です。

また自分では日焼けしない場所に上手く本を保管したつもりでも思った以上に保管場所が良くなくて知らない間に本が劣化してしまって変色している事があります。

なので面倒でも本を保管する時は湿気の少ない暗所に保管しないといけないと思いました。実際に私は以前日焼けしない場所に本を保管していれば良いと思って直射日光が当たらない本棚に本を入れて保管していました。

ですが、それだけ気を付けて本を保管していても部屋に入る日光だったり部屋の湿度によって知らない間に本のページが劣化して白かったページが茶色くなっていました。

また湿度の高さでページがグニャグニャになっていた事があったのでそこも注意しないといけないと痛感しました。

私はまさか部屋の湿度くらいそこまで気にしなくて良いと思っていたのですが、実際はもっと気にしないといけないと思いました。

なので本を保管する時は部屋に日光が入らない場所でさらに湿度も低い場所が良いと思いました。

新居も実家も本の収納庫と化しつつあります

“小学生の頃からマンガも本も大好きな私。実家の寝室には、父がDIYで作ってくれた壁一面の大きな棚に本がぎっしり詰まっていました。3姉妹の長女なのですが、下の二人は不思議なことに本にあまり興味を示さず。

彼女たちはもっぱらレコードやアイドルのブロマイド集めに熱中していました。育った環境は全く同じなのに姉妹でこうも違うものなのかと子供ながらに不思議に感じていました。

30歳過ぎに今の夫と出会って結婚。初めの数年は賃貸マンション暮らしでしたが、その後戸建てを購入することになりました。

お金のこともありますし、私は「住めればそれでいい」というのが基本スタンスで、余りこだわりはありませんでした…ただ一点を除いては。

その一点というのは、大きな本棚の設置のことです。結婚した当初も毎月何冊もの本を買っていましたが、マンションで置き場所も少ないこともありやや自重気味だったのは夫に内緒。

戸建てに引っ越したら思う存分本を買って毎日読みまくろうと心の中で密かに誓っていたのです。実家で本の置き場所に困った経験を生かして、新居には初めから大きな本棚を設置してほしいと懇願。

寝室のみならず、階段周りのデッドスペースや床下、ソファーシートの中などあらゆる場所に本の収納場所を作ってもらうことに成功しました。

「本当にこんなにスペースが必要なの?」と疑問に思っていた夫も驚くほどのペースで本を購入。
引っ越してから5年もすると棚がいっぱいになったほどです。

その頃には三姉妹とも結婚して実家は空き部屋だらけ。古い本から実家へ少しずつ運び込んで、元妹達の部屋を本の収納庫として利用しています。”

自分の本の整理で特に注意している収納方法とは

私はかなりの本を持っていたので収納方法を考えました。家族は本を大事にしていなくて注意したことがあります。

しかし普通なら本は置けるところに持っていくと思います。

実際に家族も本をそういう形で収納していました。私はそれを見て本を痛めるという感情があったのです。本は大事にしたいので収納場所は慎重に選びます。

例えば日光の入る場所は避けていました。なぜなら本がダメになるという結果を知っているからです。家族は日光に本を当ててダメにしたことがあります。本が日焼けして価値がなくなるのです。

こういう経験があったので本と日光は相性が良くないと思います。例えば長く放置すれば本当に色が変化していきます。それだと本の価値が消えて売る時に困ります。私は日焼けした本が売れないと思っています。

今でも本は傷めないように扱っています。痛める原因は収納する場所にあるのです。私は暗い場所に本を収納するのが普通です。しかしそういう収納でも本にダメージが出ることがあります。

ダメージが出る理由は汚れがあるからです。例えば暗い場所のカビが本をダメにします。カビが出ると本は嫌な臭いを出します。当然のように買取での本の価値はなくなります。

結果的にこういった部分に注意して本を収納しています。日光と汚れは本には危険なものです。また本の価値を維持することも重要だと思います。

私は本を大事にしているのであまりダメージはないです。そういう本はいつまでも所有していたい気持ちです。

大の本好きな私の自宅での本の保管方法について

私は昔から大の本好きで平均して月に10冊から20冊くらいは本を読むと思います。電子書籍が登場してからは、いくつかの本は電子書籍で読んでいます。

しかし、本に特有の紙の手触りが好きなので相変わらず紙の本を買っています。本屋さんに行って、気に入った新刊本があれば衝動買いする感じです。

本の保管方法としては、かなり大きめの本棚に並べる方法をとっています。カバーをかけている本が多いので、ジャンルに分けて本を整理しています。具体的には、法律関係、アート、音楽、デザイン、ビジネスなどに分けて本を置く場所を決めているのです。

日に焼けると本が変色してしまうのでイラスト集や写真集は日が当たらない引き出しの中に保管しています。特に好きなイラストレーターさんの本は寝る前にぱらぱらめくって眺めたり、お茶の時間に読んだりしています。

もう読まなくなった本については、積極的に本を買い取ってもらっています。車をもっていないので自宅でダンボールに本を入れて、宅配業者の人に引き取りにきてもらうことが多いです。

特に買ったばかりだけれどもう読まない本については、けっこう高く売れるのでうれしいです。新刊はどうしても読みたいのでハードカバーで買うことがあるのですが、一度読んでしまうと満足してしまうケースも多いのです。

読まなくなった本を売れるようになったのは便利なことだなあと思います。一度登録すれば、次からは手続きが楽なので半年に2、3回くらいは読まなくなった本を売っています。