本のある空間はやはり落ち着きますし、書店めぐりも好きです

本業界などは色々なニュースなどがあり、最近はリアル店舗での売上が中々難しいと言われています。

読書愛好家などではそんな雰囲気などは感じられませんし、本屋さんは色々と独自路線などで頑張っているのでしょうが、世間的には電子書籍などが便利でブームなんでしょうね。

読書に関してはやはり通勤時間などでも手軽に読める電子書籍は便利なのですが、休日の過ごし方となると話は違ってくると思います。自分は本のある空間が好きであり、そのために古書店なども巡りますし、大型の書店なども定期的に通っています。

最近は書店員のおすすめ本なども活発になってきますし、ポップなども個性的で見ていて楽しいんですね。

書店員のおすすめコメントなどは、やはり本がとても好きな人が書いているんだなという熱を感じますし、意外性のあるおすすめなど自分では見つけられない作品も多いので良さがありますね。

最近では本屋とカフェなどを併設しているお店もありますが、やはりゆっくりと読書ができる空間というのはリラックスができるのが良いですね。

もちろん有料のこういった空間も良いのですが、原点を振り返ってみるとやはり学生時代の図書館などが落ち着く性格だったこともあり、現在でも本がある空間が好きなのでしょう。

まだ自宅では書斎と呼べるようなスペースは作れるほどではないのですが、趣味の本などは手元に残せる紙の書籍を持っていると落ち着きます。本棚なども充実して来ているので。

これからも本のある空間を楽しむという趣味を続けたいと思っています。