自分の本の整理で特に注意している収納方法とは

私はかなりの本を持っていたので収納方法を考えました。家族は本を大事にしていなくて注意したことがあります。

しかし普通なら本は置けるところに持っていくと思います。

実際に家族も本をそういう形で収納していました。私はそれを見て本を痛めるという感情があったのです。本は大事にしたいので収納場所は慎重に選びます。

例えば日光の入る場所は避けていました。なぜなら本がダメになるという結果を知っているからです。家族は日光に本を当ててダメにしたことがあります。本が日焼けして価値がなくなるのです。

こういう経験があったので本と日光は相性が良くないと思います。例えば長く放置すれば本当に色が変化していきます。それだと本の価値が消えて売る時に困ります。私は日焼けした本が売れないと思っています。

今でも本は傷めないように扱っています。痛める原因は収納する場所にあるのです。私は暗い場所に本を収納するのが普通です。しかしそういう収納でも本にダメージが出ることがあります。

ダメージが出る理由は汚れがあるからです。例えば暗い場所のカビが本をダメにします。カビが出ると本は嫌な臭いを出します。当然のように買取での本の価値はなくなります。

結果的にこういった部分に注意して本を収納しています。日光と汚れは本には危険なものです。また本の価値を維持することも重要だと思います。

私は本を大事にしているのであまりダメージはないです。そういう本はいつまでも所有していたい気持ちです。