本を買取店に買い取ってもらった時に思ったこと

私がいらなくなった本を買取店に買い取ってもらって思ったのは思った以上に買い取ってもらう際には慎重に店選びをしないといけないと思いました。

なぜなら、最初に何も考えずに適当に選んだ店で不要になった本を買い取ってもらおうと思った時に思った以上に安値で買い叩かれそうになったからでした。

それで私はあまりにも買取金額が安いと思ったのでもっと高く買い取ってくれる店があると思って他の店でも査定をしてもらい事にしました。

ただ、その時点ではなんとなく最初に査定してもらった店ではあまりに買取金額が低いと思ったのでもっと高値で買い取ってもらえると思ったというだけで完全に私の希望的観測でしかなかったのでそれで高値で買い取ってもらえるという事は分かってませんでした。

それでも適当に選んで査定してもらった店で納得できない金額で買い取ってもらうよりは良いと思ったので別の店でも査定してもらいました。

その甲斐もあって私が最初に査定をしてもらった買取店よりも高値で買い取ってもらえました。

最初は正直別の店で再び査定してもらってどれだけ買取金額が上がるかと思ったのですが、思った以上に上がったので面倒でも別の店でも査定を受けて良かったです。

それぐらい高値になったので同じ本を買取店で買い取ってもらう時でもすぐに1つの店で買い取ってもらう事を決めずに必ず複数の店に買取査定をしてもらうのが良いと思いました。

それぐらい買取店によって買取金額ぬ差が出ると思いました。京都で古本を売るならどこがいい?おすすめの古本買取店をご紹介!