本をきれいに保管するためには湿度管理も大切

昨今電子書籍も市民権を得はじめているものですが、やはり本は紙で読みたいという方も少なくないかと思います。紙やインクの独特なにおいは好奇心を高めてくれ、より本を楽しみたいという気持ちにさせてくれるものでしょう。

しかし本というのは意外と保管が大変なものでもあります。気がつくとかびてしまっていたり、日焼けをしてしまったりと元のきれいな状態ではなくなってしまうこともしばしばあり、頭を悩ませることも少なくありません。

本をきれいに保管するためにはなんといっても日焼けに気をつける必要があります。窓際など直射日光に当たる場所を避けるというのは勿論、蛍光灯にも紫外線が含まれているので注意する必要があります。経験上LEDライトは劣化が少ないという印象があるので、部屋の照明をLEDライトに変えるというのもおすすめです。

そしてもう一つ、湿度管理も本をきれいに保つためには大切です。日光に当てないようにと仕舞い込んでしまうと今度は湿度でカビが生えてしまったり本が変形してしまう恐れがあります。定期的に本を風に当てたり、箱の中に入れていたりしてそれが難しければ除湿剤などと一緒にいれておくと安心です。

そして埃も虫を増やす原因となってしまうので、適宜取り除く必要があります。本棚にカーテンなどを付けて埃を入りづらくするというのもおすすめで、個人的には突っ張り棒をしてそこに布を垂らしてカーテン代わりにしています。

本は一度日焼けをしたり変形してしまうと、素人にはもとに戻すことが難しいものです。はじめから汚さないよう、きれいな状態を保ちたいものですね。