本の保管方法はどういう点に注意しないといけないのか

本を保管する時にどういう点を注意しないといけないかというとそれは本は単に日焼けしないように注意すれば良いという事はないというのがあります。

確かに本の保管方法で一番気を付けないといけないのは日焼けしない事ですが、それ以上に気を付けないといけないのは実は湿気があまりない暗所に保管しておくのが大事というのがあります。

その点をしっかり注意しないといくら太陽光が当たらない場所に保管していても劣化が進んでいくので注意が必要です。

また自分では日焼けしない場所に上手く本を保管したつもりでも思った以上に保管場所が良くなくて知らない間に本が劣化してしまって変色している事があります。

なので面倒でも本を保管する時は湿気の少ない暗所に保管しないといけないと思いました。実際に私は以前日焼けしない場所に本を保管していれば良いと思って直射日光が当たらない本棚に本を入れて保管していました。

ですが、それだけ気を付けて本を保管していても部屋に入る日光だったり部屋の湿度によって知らない間に本のページが劣化して白かったページが茶色くなっていました。

また湿度の高さでページがグニャグニャになっていた事があったのでそこも注意しないといけないと痛感しました。

私はまさか部屋の湿度くらいそこまで気にしなくて良いと思っていたのですが、実際はもっと気にしないといけないと思いました。

なので本を保管する時は部屋に日光が入らない場所でさらに湿度も低い場所が良いと思いました。